Now Loading...

Now Loading...

映画『恋するボクとゾンビの呪い』公式サイト 7月16日(土) 新宿K’s cinema他全国順次公開

映画『恋するボクとゾンビの呪い』
映画『恋するボクとゾンビの呪い』
著名人コメント 映画『恋するボクとゾンビの呪い』
7月16日(土) 新宿K’s cinema他全国順次公開
監督:ジェイド・カストロ 『LSS:ラスト・ソング・シンドローム』
プロデューサー:レイモンド・リー
脚本:レイモンド・リー、ミチコ・ヤマモト『牢獄処刑人』、ジェイド・カストロ
出演:マーティン・エスクデーロ、ローレン・ヤン、カービー・ザモーラ、マリアン・リヴェラ、ロデリック・パウラーテ、ユージン・ドミンゴ『ある理髪師の物語』、オデット・カーン
2011年/フィリピン/タガログ語/ヴィスタ/ステレオ/96分/原題:Zombadings 1: Patayin sa Shokot si Remington
配給:スノーフレイク
  ©2011 AN ORIGIN8 MEDIA PRODUCTION ALLRIGHTS RESERVED.
★本作は2011年の製作作品です。あくまで2011年のフィリピンの社会、文化を背景に描かれております。
Comment
ゲイを差別していた少年が、
将来ゲイになるという呪いをかけられて……。
ジェンダー観の偏狭さを思いきり笑い飛ばし、
人を愛するためのこれぞフィリピン映画の大好きな名作。

いとうせいこう
(作家・クリエーター)
LGBTQ方面の先進国フィリピンだからこそ作り出せた、
愛と呪いに関する物語。
題材はB級に見えるが、脚本と演出の腕前、
そして思想は超A級だ。

暉峻創三
(映画評論家・大阪アジアン映画祭プログラミング・ディレクター)
恋するボクとゾンビの呪い
Introduction
勢いあるフィリピン映画界の、インディーズシーンから飛び出した2011年製作の本作。2012年の「したまちコメディ映画祭in台東」など、各国のファンタジー映画祭で上映され、注目されました。 脚本・監督は『LLS:ラスト・ソング・シンドローム』のジェイド・カストロ。脚本は、『牢獄処刑人』のミチコ・ヤマモト。プロデューサー・脚本は『北(ノルテ) 歴史の終わり』のモイラ・ラン。 レミントン役のマーティン・エスクデーロは、本作が長編デビュー。テレビを中心にメジャー系映画に出演するなど、今でも活躍中。『ある理髪師の物語』のフィリピンの国民的女優ユージン・ドミンゴが、主人公が恋するハンナの母親役で出演しています。
Story
フィリピンの地方の町ルクバン。この町で生まれ育った少年レミントンは、ゲイを見かけるとからかうため、母親に咎められていた。ある日、墓地で相手から怒りを買い、ある呪いの言葉をかけられてしまう。
15年後、町中では連続殺人事件が起こっていた。町中で新たに遺体が発見され、その人だかりの中にいたレミントンは、偶然話しかけてきた女の子ハンナに一目惚れ。親友ジグスの協力を得て、なんとか親しくなろうとする…
Cast
マーティン・エスクデーロ

マーティン・エスクデーロ
(レミントン)

高校生の頃に参加した、フィリピンのテレビ局GMA主催の芸能コンテスト番組「StarStruck」で人気を集め、芸能界入り。以後、テレビドラマを中心に出演、映画は『Shake, Rattle and Roll』や『Moron 5』、『Feng Shui』といったメジャー長編シリーズへの出演が多い。『恋するボクとゾンビの呪い』は長編初主演作品である。
ローレン・ヤン

ローレン・ヤン
(ハンナ)

フィリピンの大手テレビ局ABS-CBN傘下の芸能プロダクションに所属し、同局のテレビドラマに多数出演。彼女の名前を広く世間に知らしめることになったのは、1997年の人気連続テレビドラマ『Mula sa Puso』の2011年リメイク版。かつてクラウディーヌ・バレットが演じた主人公をヤングは演じ、作品は高視聴率をマークした。
カービー・ザモーラ

カービー・ザモーラ
(ジグス)

2007年にフィリピンの大手TVネットワークABS-CBN制作のリアリティショー「Be Bench: The Model Search」でトップ12人の中に選ばれる。2010年、アドベンチャー・コメディ『D'Survivors』で映画デビュー。映画は、フィリピンの定番ホラー・ファンタジー『Aswang』(2,011)や、ディンドン・ダンテス主演、エリック・マッティ監督の人気ホラー・アクション第1作『バトル・オブ・モンスターズ』(2012)など。
マリアン・リヴェラ

マリアン・リヴェラ
(霊媒師)

子供時代から人気CMモデルで、2005年、ヴィック・ソト主演の大人気アクション・ファンタジー・コメディ第2作『Enteng Kabisote 2: Okay ka fairy ko... The legend continues』で映画初出演。2007年、後に夫となるディンドン・ダンテスと共演した連続TVドラマ『Marimar』で一気にトップスターに。以降現在まで映画、TVで活躍中。
ロデリック・パウラーテ

ロデリック・パウラーテ
(ポップス)

子役としてキャリアをスタート。様々な作品で活躍し、受賞歴も多い。この功績によって、ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに倣い、ケソン州イーストウッド・シティに作られた名声の散歩道の、2012年イーストウッド・シティ・ウォーク・オブ・フェイムに選出されている。
ユージン・ドミンゴ

ユージン・ドミンゴ
(ハンナの母/モンタノ夫人)

1991年映画『Emma Salazar Case』で映画デビュー。2011年『浄化槽の貴婦人』が各国の映画祭で上映され、注目される。2014年『ある理髪師の物語』で、東京国際映画祭コンペティション部門最優秀女優賞を獲得。お気楽コメディから社会派インディーズまで縦横無尽に活躍する、フィリピンを代表する女優のひとり。
オデット・カーン(町長)

オデット・カーン
(町長)

ヒール役を演じることも多い。大学生の時に女優を志し、TV局のプロモーション・ガール、映画『Kapag Langit ang Umusig』へのエキストラ出演などでキャリアを重ねた。2017年『Bar Boys』で、FAMAS Awards(フィリピン芸術科学アカデミーによる)、Gawad Urian Awards(フィリピンの映画批評家による)、PMPC Star Awards for Movies(映画記者の組織による)の助演女優賞を受賞している、長いキャリアの実力派。
Staff

モイラ・ラン
(プロデューサー・脚本)

Star Cinemaで映画界でのキャリアをスタートした後、脚本家のミチコ・ヤマモトを含む仲間とufo Picturesを設立、ジェイド・カストロ監督の『Endo』(07)をプロデュース。2013年、ラヴ・ディアス監督の『北(ノルテ)― 歴史の終わり』をプロデュースし、カンヌ国際映画祭で批評家の絶賛を受ける。その後東京国際映画祭でも上映された。その他、手掛けた作品に『Ang Pagdadalaga ni Maximo Oliveros』(05)『Patay na si Hesus』(16)等がある。

ジェイド・カストロ
(脚本・監督)

フィリピン最大手のテレビ局ABS-CBNと契約し、連続ドラマの脚本や演出の助手を担当する。その後、短編映画の監督や、フォン・ナバロ主演のホラーコメディ『D' Anothers』(2005)の脚本(アドルフォ・アリックス・ジュニア&レイモンド・リーとの共作)で注目を集め、若手映画監督の登竜門だったシネマラヤ・インディペンデント映画祭参加作品『Endo』(2007)で長編監督デビューをはたすことに。続く『My Big Love』(2008)では早くもメジャー長編に進出。トニ・ゴンガザ、サム・ミルビー、クリスティン・エルモサという大物スターを揃えたこのロマンティック・コメディは、興行面での成功をもたらした。いまのところの最新作『LSS:ラスト・ソング・シンドローム』(2019)は、大阪アジアン映画祭で上映された。

ミチコ・ヤマモト
(脚本)

父親が日本人の日系フィリピン人。
ポストプロダクション関連の仕事で映画/テレビ業界入りした後、ワークショップに参加して脚本家に転身。アジア・フォーカス・福岡映画祭で上映された『マグニフィコ』(2003)で注目を集め、以降、東京フィルメックスで上映された『マキシモは花ざかり』(2005)、『恋するボクとゾンビの呪い』のジェイド・カストロ監督の『My Big Love』(2008)や『Endo』(2009)といった作品でキャリアを重ねる。夫は日本でも人気の大物フィリピン人監督エリック・マッティ。彼の監督作で日本公開/上映された『牢獄処刑人』(2013)、『クボ:化け物クロニクル』(2014)、『汝の父を敬え』(2015)は、すべて彼女が脚本を担当している。
恋するボクとゾンビの呪い
Theater
公開日 地 域 劇場名
7月16日 東京 新宿K's cinema
11月25日 栃木 小山シネマロブレ
8月13日 名古屋 シネマスコーレ
7月29日 大阪 シネマート心斎橋
8月5日 京都 京都みなみ会館
近日公開 兵庫 元町映画館
10月28日 広島 横川シネマ
AN ORIGIN8 MEDIA PRODUCTION presents
ZOMBADINGS 1: PATAYIN SA SHOKOT SI REMINGTON starring MARTIN ESCUDERO. LAUREN YOUNG. KERBIE ZAMORA. JANICE DE BELLEN. JOHN REGALA. RODERICK PAULATE. EUGENE DOMINGO. ANGELINA KNAPI. NAR CABICO. DANIEL FERNANDO. LEANDRO BALDEMOR. ODETTE KHAN Live Sound Recording MARK LOCSIN Sound Engineers LAMBERTO CASAS. ALEX TOMBOC Post-production by POST MANILA Production Manager IANNE OANDASAN Assistant Line Producer IONI OFRASIO Assistant Director HAN SALAZAR Production Design REJI REGALADO Original Music TERESA BARROZO Edited by JD DOMINGO. LAWRENCE ANG Director of Photography IKE AVELLANA Line Producer MICHIKO YAMAMOTO Produced by RAYMOND LEE Story RAYMOND LEE Screenplay RAYMOND LEE. JADE CASTRO. MICHIKO YAMAMOTO Directed by JADE CASTRO
©2011 AN ORIGIN8 MEDIA PRODUCTION ALLRIGHTS RESERVED.